おすすめ スポーツ スラックライン 乗る 初心者 コツ

自己紹介。

35歳二児のパパです。近所の公園などでスラックライン張って遊んでます。ちなみに始めてから約一年、基本土日休み、毎週できませんが、今では、10m程度は歩けます。しゃがむのとバックが少しできます。ジャンプ練習中です。

設置

スラックラインは、真っ直ぐな地面に、真っ直ぐな二本の木の間に貼るのがベストです。

距離は最初短めがいいです。

意外と公園を探してみると、あります。

ただ管理公園等では、NGな所もあるので管理人さんと、もめないようにしましょう。

あと木を痛めないようにツリーカバーをしましょう。タオルなんかでも代用はききます。

乗り方

  1. 片足で立つ練習から。
  2. 乗せてない足はラインより下でバランス取りましょう。
  3. 最初は子鹿のごとく、足が震えます。
  4. 両手はバンザイするとバランス取りやすいです。(有名ブランドのギボンはテナガザルからきてるようです。バンザイの様がテナガザルに似ているから)
  5. 目線は、遠くを見るように、足下を見ないように。
  6. 誰かいればてを持ってもらってもいいかも。
  7. 片足ずつで、左右の足で安定するように練習しましょう
  8. 片足ずつ立てるようになったら、足を入れ替えるように前に進んでいきます。
  9. なかなかすぐにはできません
  10. いつのまにか、少しずつ歩けるようになります。
  11. とにかく基本は片足での練習あるのみです。
  12. 距離歩けるようになったらバックもできるように練習しましょう。
  13. 1人でも友達同士でも楽しくやりましょう。

今では、歩けるようになって、しゃがむまで行けましたが、なかなかジャンプができない。現在、ジャンプ練習中です。

1時間もするといい汗をかけます。相当な運動量になります。ダイエット目的だけでもやる価値はあると思います。

スラックライン

ラインはいろんな種類がありますが、パパが使ってるのは、ファンラインといって、ギボンと言う超有名ブランドから出ています。

  • 初心者は子供向け
  • 滑りにくい
  • 15m実際貼ると、13mになる
  • デザインがかわいい

他にはクラシックラインやジブライン、サーファーラインと展開されています。

クラシックは基本的には、ファンライン変わりませんが、若干クラシックの方が滑りやすい。(印字の関係で若干です。)ファンラインの方がより子供向け。大人ももちろんできます。

ジブラインは若干上級者向け。反発が強めなのでジャンプ向き。揺れ幅が大きい為、初心者には難しいかも。(パパもやったことありません。)

サーファーラインは、30mと長さがあり、締め付けるラチェットもでかい為、より強く張ることができる。さらに上級者向けといったところか。

好みで使い分けるといいと思います。慣れてから買い足すのも良し、初めからジブラインやサーファーラインで短めに張って練習するのも良しと思います。

とにかく楽しいことは間違いないです。

パパは公園とかでスラックラインやってると大抵、声をかけられるので、どうぞどうぞと勧めちゃいますね。結構みんな笑顔でお試ししますよ(笑)下記広告

 


【3/3 19:00〜当店2-15倍 楽天スーパーSALE!】スラックライン GIBBON ギボン FUN LINE−TREE PRO SET Classic 《15m》ファンライン SLACKLINE 綱渡り バランストレーニング オフトレ 【10P】 3tz2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です